虫歯の治療

虫歯は早期発見・早期治療が大切です

歯科医院での代表的な治療が虫歯治療です。
虫歯は気がつかない内に進行しています。最初のうちは痛くないからそのうち治そうと思って放置している方は案外多いものです。虫歯は早期発見・早期治療が大切です。
虫歯は自然治癒はしません。気がついたら口中がボロボロになってしまっている方もいます。痛みを感じたり、冷たい物がしみたりしたら、もうすでに虫歯はかなり進行しているといえます。そうなる前に早く歯科医院に行きましょう。 たかはし歯科では、できるだけ痛みを抑える「無痛治療」を行っていますので、お早めにご相談ください。

虫歯の進行と治療

C0:初期の虫歯。表面のわずかな虫歯でまだ歯に穴が開いていない状態

虫歯菌がつくり出す酸によって歯の表面が溶け始めた状態です。歯の表面が白く濁って見えます。毎日正しい歯磨きを続けることで自然に治ります。フッ素の塗布なども効果的です。

C1:エナメル質が溶け、まっ白や茶褐色に変色した状態

痛みを感じないため気づきにくい虫歯の初期段階。虫歯部分を削り取って、歯と同じ色の樹脂(レジン)で覆います。表面を削るだけなのでち治療中の痛みはありません。

C2:虫歯がぞうげ質まで達してしまっている状態

冷たいものを飲んでしみたり違和感を覚えはじめます。
虫歯を取り除き詰め物をします。その場で詰める方法と、型を取り作った詰め物を後日入れる方法があります。進行が速く早急な治療が必要になります。

C3:虫歯が歯髄に達し、細菌が入り込んでしまっている状態

C2よりも激しい痛みがあります。抗菌剤で虫歯と歯髄の殺菌し、薬剤ごと密閉します。歯髄が保存できない時は歯髄を取り除いて管を殺菌し、細菌が入らないよう詰め物をします。

C4:歯の根しか残らない末期の状態

歯冠部が溶けて歯根のみが残った状態。歯の神経(歯髄)は死んでしまい痛みはありません。ただし歯根先端部に膿が溜るなど、場合によっては歯を残すことが困難で抜歯することもあります。ほとんどの場合抜歯が必要になり、インプラントやブリッジ・入れ歯治療などを行い、失った歯の機能を補います。

痛くない虫歯治療

「痛い」というのは、患者さんにとっても歯科医にとっても嫌なことです。
高橋歯科医院では、歯科治療における最新の先端技術であるレーザー治療器を導入し、疾患部及び周囲の痛みをやわらげながら、安全かつ早期の治療に努めています。

電動注射器は麻酔液の注入スピードを人に合わせて自動的に調整し、痛みの原因となる余計な圧力を緩和します。注射器は人肌に温め、注射液と人体との温度差による痛みを軽減します。
笑気麻酔は治療のための麻酔ではなく、治療への不安を取り除き、心を落ち着かせるための麻酔です。副作用の心配もなく、治療への恐怖がある方はもちろん、高血圧の方や、嘔吐反射のある方にも効果的です。
治療に関するご不安やご要望など、何でもお気軽にご相談ください。

小児の治療

歯医者さんはこわくない、楽しい! と思ってもらえるように

小さい頃に治療で痛みを経験すると、大きくなってからも、歯科医院に行きたがらなくなってしまいます。当院では痛みを少なくしたり、ちゃんと治療できる年齢になるまで虫歯の進行を抑えるなど、治療時に細心の注意を払っています。
当院ではほとんどのスタッフが育児経験者です。親御さん、お子さんそれぞれの気持ちを考えて、しっかりコミュニケーションを取りながら治療を進めています。安心してご来院ください。
高橋歯科医院は、お子さんに「歯医者さんはこわくない、楽しい!」と思ってもらえるような歯医者さんを目指しています。

何よりも大切なのは虫歯にならないこと。0歳~15歳くらいまでは歯が育っていく期間ですので、年齢に合った歯磨きをすることがとても重要です。
たかはし歯科では、お子さんの成長に合わせた歯磨きの方法をその都度お教えします。また食事の面からお子さんの歯を大切にする「食育」「フッ素」「シーラント(奥歯の溝をプラスチックで埋め虫歯を防ぐ方法)」といった施術など、お子様の歯の健康を様々な面からサポートしていきます。

お口の中の怪我

日常生活の中でお子さんのお口が思わぬトラブルに見舞われることがあります。
ぶつけて抜けたり欠けてしまった歯は、乳歯・永久歯ともに、処置が早いほど元に戻せる可能性が高いので、すみやかにたかはし歯科までお越しください。
またトラブルの際は受診前に電話でご連絡いただければ、口頭でもご対応いたしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

  • 口の中を切った時

    くちびるやお口の中が出血している場合は、清潔なガーゼで傷口をしっかりと押さえます。血が止まらない、傷口が大きいなどの場合は消毒や縫う処置が必要な場合があります。速やかに歯科医に見せましょう。

  • 歯が抜けた・欠けた時

    抜けたり折れたりした歯は、生理食塩水・コンタクトの保存液・牛乳などに入れてご持参ください。抜けた歯は治療が早ければ早いほどかなりの確立で元に戻せます。
    また欠けてしまっても、きちんと治療を受ければ元の歯と変わらないくらいに修復することができます。

  • 歯がぐらぐらする時

    自然に治る場合もありますが、痛みがある場合は、放っておくと痛みが増したり、噛んだ弾みで抜けてしまうこともあります。必ず歯科で診察してみてもらいましょう。
    また欠けてしまっても、きちんと治療を受ければ元の歯と変わらないくらいに修復することができます。

開窓・小帯切除

  • 開窓術

    歯肉に埋まってなかなか出てこない歯は、「開窓(かいそう)」という方法があります。被っている歯肉を除去して露出させてから、歯科矯正で正しい位置に持ってくることが可能です。
    また欠けてしまっても、きちんと治療を受ければ元の歯と変わらないくらいに修復することができます。

  • 小帯切除術

    上唇と前歯をつないでいる筋を「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」、舌の裏側の筋を「舌小帯(ぜっしょうたい)」といいます。上唇小帯が長いと歯並びが悪くなったりし、舌小帯はつき方によって授乳や発音がうまくいかない原因になったりします。症状がひどい場合、気になる場合は小帯の切除をおすすめします。(小帯を切除しても、お口の機能に影響を及ぼすことはありません)

歯髄細胞バンクについて

「再生医療」という言葉をご存知ですか? 人が本来もっている自分自身を修復再生する力を利用して、ケガや病気で冒された組織や臓器を自分自身の細胞を使って再生治療する最先端医療の事です。
私たちの体にはもともと自然に修復再生する能力が備わっています。その力の元が「幹細胞」と呼ばれる細胞です。抜いた歯の神経の中には、将来再生医療に役立つ良質な幹細胞(歯髄細胞)が含まれています。歯髄細胞は乳歯や永久歯(親不知)から採取できるため、採取機会が多いことや体への負担が殆どないことなど、数多くのメリットがあります。
この歯髄細胞は、万能細胞と言われるiPS細胞も作ることができるため、いまや再生医療を支えるための欠くことのできない細胞供給源となりつつあります。

①抜歯後直ちに専用容器に入れる→②歯科の中の歯髄細胞を取り出す→③一定量まで培養
④細胞の状態を検査した後-196℃で保管。→⑤IDデータ管理も万全です。

歯の細胞は再生医療に最適です。将来的には全身への利用が期待されています。お子様の将来への保険としてのご利用が増えてきているようです。
乳歯や親知らずなどの抜歯した歯の歯髄細胞を冷凍保管するサービスを鶴見大学歯学部口腔病理学講座と連携したACTE(再生医療推進機構)が行っております。当院は歯髄細胞バンクの提携歯科医療施設として、抜歯した歯をお預かりしACTEへ無事お届けする役割を担っております。ご興味がありましたら、パンフレットもご用意しておりますので、お気軽にお声掛けください。
歯髄バンクの詳細は【株式会社 再生医療推進機構】のホームページで確認できます。

歯周病の治療

歯を失うだけじゃない!本当に怖い歯周病

歯周病とは、プラーク(歯垢)に含まれる「歯周病菌」が、歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨)に入りこんで起こる病気で、日本では成人の約80%が歯周病だといわれています。この歯周病、実は歯を失うだけでなく、全身の健康にも大きくかかわっているのです。
初期の段階では歯肉が赤く腫れ、歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなり、歯磨きなどで出血しやすくなります。この状態を放置すると歯周病菌が徐々に歯周組織を壊し、歯がぐらぐらしたり歯の根元が露出して最終的には歯が抜けてしまいます。また歯周病は口臭の原因にもなります。
歯肉の出血や腫れなど、少しでもお口の中に異常があったときは、ぜひ早めに相談にいらしてください。

一般的な歯周病の治療

  • プラークコントロール

    歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法です。正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が重要です。

  • スケーリング

    歯垢(プラーク)は放っておくと歯磨きでは取り除けない歯石になってしまいます。歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯石や歯垢を除去することによって炎症が収まり、歯周ポケットも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

  • 詰め物や被せ物の修正

    詰め物や被せ物は時間が経つと劣化する場合があります。そうすると歯垢(プラーク)が付着しやすくなるため、詰め物や被せ物が合っているかを確認し、合っていなければ修正する治療が行われます。

  • 生活習慣の改善

    正しい歯磨きや、よく噛んで食べるなど日々の食生活を見直す事も必要です。また抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなるので、規則正しい睡眠やストレス改善なども必要になってきます。

レーザーによる歯周病治療

オサダ ライトサージ セルビー

歯周病の症状が重くなるにつれ、治療時に痛みや出血を伴ったり、重症だと切開手術が必要になったりする場合も出てきます。治療後の回復にも時間がかかり、辛い期間が長引きます。
レーザー治療は痛みが非常に少なく治療と同時に患部への殺菌・消毒・消炎もされるので、治療後の回復も早く済みます。当院では2種類のレーザー装置を症例によって使い分け、小さな虫歯の治療も可能です。

レーザー治療とは、近赤外線の熱エネルギーを使って感染している部位を蒸散させ、除去する治療法です。またレーザーには鎮痛、治癒促進効果もあります。下記に4つの大きな効果を示します。

  1. ①痛みがほとんどなく、麻酔の必要性が少ない。
  2. ②歯周病菌などに殺菌効果があり、治癒が早い。予防の効果もある。
  3. ③不快な「キーン」という音や、「ガリガリ」といった振動がありません。
  4. ④止血効果に優れており止血のための時間が短縮されるため、治療時間の短縮につながる。安全性が高い。

入れ歯の治療

入れ歯でお悩みではありませんか?

現在日本人の約5人に1人が入れ歯といわれています。
「入れ歯が合わず、食べたいものが食べられない」「口を開けると金属が見えるのがいやだ」「うまく発音できないので、喋るのがおっくう」など、入れ歯に関して様々な悩みや不安をお持ちの方も多いと思います。
たかはし歯科ではプラスチック以外の素材のものや、金具(ばね)がないもの、磁石式のものなど、いろいろな種類の入れ歯をご用意しています。
患者様ひとりひとりの状況、ご要望に合わせて、技術、期間、予算など様々な選択肢の中から、最適な組み合わせをご提案いたします。ご質問や不明な点など、何でも気軽にご相談ください。

入れ歯の種類は大きく「総入歯(総義歯)」 「部分入歯(部分床義歯)」の2つがあります。
入れ歯の歯肉に密着する部分(義歯床)は基本的にレジンでできています。強度をもたせる為、義歯床が分厚く装着時に違和感が出やすいです。またレジンは熱が伝わりにくいので、味覚が変わってしまうこともあります。汚れやにおいがつきやすく、こまめなお手入れが必要です。

部分入れ歯は、1本~数本の歯を失った場合に受ける治療で、残っている歯が1本でも対応可能です。ただし装着部のバネが見えやすく、審美的にあまりよくないこともありますが、小さく口腔内の違和感を軽減します。

総入れ歯は、すべての歯を失った場合に受ける治療です。粘膜(歯槽堤)の形にピッタリと合う総入れ歯を作ることで、粘膜と吸着させることができ、入れ歯を維持させることができます。適用範囲が広く、ほとんどの症例で使用することが出来ます。
ただし使用する材質が熱伝導が良くない材質なので、食べ物の温かさや冷たさを感じにくくなります。また分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがありますが、料金が安いく修理がしやすいといったメリットがあります。

自費治療による入れ歯

自費診療の場合、より質の高い入れ歯を作るために歯科医師が納得がいく材料と制作方法で時間をかけて入れ歯を作ることができます。一般的に自費診療で作った入れ歯は、保険診療で作った入れ歯と比べて、以下のような点で優れているといえます。

  1. ①自分にあった違和感の少ない入れ歯を作れる。
  2. ②残っている歯に色などを合わせることができる。
  3. ③うすくて丈夫(厚みを調節できる)なため、発音障害などが起きにくい。
  4. ④「熱い」「冷たい」などの温度感覚がある。
  5. ⑤留金部分に金属を使用せず作ることができる為、見た目が自然に仕上がる。
  6. ⑥材質、設計、使い勝手など、制作に患者様の要望を反映できる。
  7. ⑦入れ歯自体に強度があるため(頑丈な金属のフレーム)長持ちする。
金属床

素材が薄くて強いので、装着時の違和感が少ない。熱伝導が良いため味覚への影響が少なく、汚れやにおいも付着しにくいので清潔さを保てます。素材もいろいろ選べるので金属アレルギーの方も安心です。

ノンクラスプデンチャー

金属バネを使わない入れ歯で仕上がりも薄く、入れ歯とは気づかれないほど見た目も美しいのが特徴です。提携技工所で製作できるので、短期間で細部までご要望に沿ったものをお作りできます。

コンフォート

入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯です。生体用シリコーンの弾性が噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の悩みを解消するとともに、歯ぐきをやさしく守ります。

インプラント

天然歯のような美しい見た目と咬み心地

インプラントは歯が生えていたところの骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根を埋め込み、そこに差し歯の要領で人工の歯を被せるというもので、「第三の歯」ともいわれています。
チタンは人工関節などにも利用されている、金属アレルギーのリスクが非常に低い金属です。歯を無くしてしまって、入れ歯をしたくないという方でも、インプラントなら自分の歯を取り戻したように生活していただけます。
高橋歯科医院では、日本先進インプラント医療学会所属の医師が、AQBインプラント等を用いて、質の高いインプラント治療にあたっています。

インプラント治療にあたって

インプラントの良いところは、ブリッジと違いとなりの健康な歯を削る必要がなく、入れ歯のような違和感・脱着のわずらわしさがないところです。
直接骨に結合されるので、自分の歯のようにしっかり噛むことができます。ただし、歯根膜がないので噛む力の微調整ができない場合があり、周りの骨や噛み合う歯に負担をかけてしまうことがあります。またインプラント周囲に歯垢が付着したままになると、歯肉がはれたり出血したりと歯周病のような状態になってしまいます。
そのため、インプラント治療終了後も、自分の歯と同じように、年に数回のチェックとメンテナンスが必要です。

AQBインプラントについて

AQBインプラントは、純チタンと再結晶化ハイドロキシアパタイトという材料から出来ています。チタンは金属の中でも生体親和性が高く、またアパタイトも同様に骨と直接結合する優れた生体親和性を持っています。
手術が1回で済み、その後噛めるまでに約1~2ヶ月(症例により異なります)と、健康的な歯に回復するまでの期間がとても早いため、治療における患者さんの心身的負担を軽減します。

審美歯科

歯をキレイにして口元を魅力的にしたい

きれいな歯は美の基本です。
歯や歯肉の治療だけでなく、さらに「美しく健康な歯と歯肉」を手に入れるためのお手伝いをするのが審美歯科です。
たかはし歯科では、一般歯科における豊富な知識・経験をベースに、美しく健康で自然な歯を手に入れるための技術を提供しています。歯が美しくなると自信がついて、精神面にも大きな効果がでてきます。より素敵な笑顔を手に入れるためにも、歯の色や形、詰め物や被せ物のことなど、気軽にご相談ください。

被せ物や差し歯の治療

  • ファイバーポストレジンコア

    歯が虫歯で大幅に無くなり、また歯髄(神経)をとった後は歯の強度が弱くなります。このままだと歯が割れやすい状態になるので、多くの場合「支台築造」という土台作りをしたうえで、被せ物を行います。歯を補強するための土台をつくり、その上から被せ物をします。
    保険内治療の場合は金属を土台に使うため、被せ物から透けて審美性が悪くなります。また金属はしならないので、力が加わった際に元の歯が割れてしまうこともあります。
    ファイバーポストレジンコアはグラスファイバーの支柱にコンポジットレジンを合わせた土台構造です。歯と同じ色なので見た目が自然で、歯と同じくらいしなりがあるので元の歯を痛めません。

  • オールセラミック

    金属の被せ物は見た目が悪く、硬すぎて周囲の歯に負担をかけてしまったり、歯肉と合わなかったりすることがあります。
    オールセラミックは天然の鉱石を使用しています。とても自然な見た目に仕上がり、金属アレルギーの心配もなく、強度だけでなくしなやかさもあるので周囲の歯を痛めません。歯肉とのなじみも良いので歯肉の健康にも影響を及ぼしません。また被せ物だけでなく、欠けてしまった歯など歯のあらゆる部分に応用ができます。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、気になる歯の色をホワイトニング剤で白くする方法です。 高橋歯科医院では、TIONという日本で最もポピュラーなホワイトニングを採用しております。 TIONとは患者さんに合わせて作る専用のマウスピースとホワイトニング剤をお渡しし、就寝時など患者さんの生活のリズムに合わせてお家でゆっくり歯を白くしていく方法です。約2週間ほどで歯を白くすることができます。

ホワイトニングの流れ

STEP1:カウンセリング

最初にホワイトニングの診療についての詳細・診療の流れや、費用など、ひととおり詳しくご説明をさせていただいた上でホワイトニングをスタートします。

STEP2:精密検査

お口の中を診査して状態を確認します。ホワイトニングの効果がどのくらい出るか、判断いたします。

STEP3:治療計画・治療方針の立案

ホワイトニングを始める前の処置として、お口の中全体の除石・清掃をおこないます。

STEP4:治療前手術(※必要な場合)

イメージを元に目標とする明るさを決めます。シェード(色調)チャートを用いて、ホワイトニング前の歯の色調を確認し、記録します。

STEP5:一次手術

マウストレーを作成するのに必要な歯列の印象(型)採得をおこない、マウストレーを作成します。

STEP6:人口歯の作成

出来上がったマウストレーを用いて、医師とともに実際にホワイトニング材を注入し、装着方法を指導いたします。

STEP7:微調整

2週間のホワイトニング期間中に、何度か経過のチェックの為に何度か来院いただきます。