歯周病

歯を失うだけじゃない!本当に怖い歯周病

歯周病とは、プラーク(歯垢)に含まれる「歯周病菌」が、歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨)に入りこんで起こる病気で、日本では成人の約80%が歯周病だといわれています。この歯周病、実は歯を失うだけでなく、全身の健康にも大きくかかわっているのです。
初期の段階では歯肉が赤く腫れ、歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなり、歯磨きなどで出血しやすくなります。この状態を放置すると歯周病菌が徐々に歯周組織を壊し歯がぐらぐらしたり、歯の根元が露出して最終的には歯が抜けてしまいます。また歯周病は口臭の原因にもなります。
歯肉の出血や腫れなど、少しでもお口の中に異常があったときは、ぜひ早めに相談にいらしてください。

一般的な歯周病の治療

  • プラークコントロール

    プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法です。
    正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が重要です。

  • スケーリング

    歯垢(プラーク)は放っておくと歯磨きでは取り除くことができない歯石になってしまいます。歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。スケーリングで歯石や歯垢を除去することによって炎症が収まり、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

  • 詰め物や被せ物の修正

    詰め物や被せ物は時間が経つと劣化する場合があります。
    そうすると歯垢(プラーク)が付着しやすくなるため、詰め物や被せ物が合っているかを確認し、合っていなければ修正する治療が行われます。

  • 生活習慣の改善

    正しい歯磨きや、よく噛んで食べるなど日々の食生活を見直す事も必要です。
    また抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなるので、規則正しい睡眠やストレス改善なども必要になってきます。

レーザーによる歯周病治療

オサダ ライトサージ セルビー

歯周病の症状が重くなるにつれ、治療の際痛みや出血を伴ったり、重症だと切開手術が必要になったりする場合も出てきます。治療後の回復にも時間がかかり、辛い期間が長引きます。
レーザー治療は痛みが非常に少なく治療と同時に患部への殺菌・消毒・消炎もされるので、治療後の回復も早く済みます。
当院では2種類のレーザー装置を症例によって使い分け、小さな虫歯の治療も可能です。

レーザー治療とは、近赤外線の熱エネルギーを使って感染している部位を蒸散させ、除去する治療法です。またレーザーには鎮痛、治癒促進効果もあります。下記に4つの大きな効果を示します。

  1. ①痛みがほとんどなく、麻酔の必要性が少ない。
  2. ②歯周病菌などに殺菌効果があり、治癒が早い。予防の効果もある。
  3. ③不快な「キーン」という音や、「ガリガリ」といった振動がありません。
  4. ④止血効果に優れており止血のための時間が短縮されるため、治療時間の短縮につながる。安全性が高い。