インプラント

天然歯のような美しい見た目と咬み心地

インプラントは歯が生えていたところの骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根を埋め込み、そこに差し歯の要領で人工の歯を被せるというもので、「第三の歯」ともいわれています。
チタンは人工関節などにも利用されている、金属アレルギーのリスクが非常に低い金属です。歯を無くしてしまって、入れ歯をしたくないという方でも、インプラントなら自分の歯を取り戻したように生活していただけます。
高橋歯科医院では、日本先進インプラント医療学会所属の医師が、AQBインプラント等を用いて、質の高いインプラント治療にあたっています。

インプラント治療にあたって

インプラントの良いところは、ブリッジと違いとなりの健康な歯を削る必要がなく、入れ歯のような違和感・脱着のわずらわしさがないところです。
直接骨に結合されるので、自分の歯のようにしっかり噛むことができます。ただし、歯根膜がないので噛む力の微調整ができない場合があり、周りの骨や噛み合う歯に負担をかけてしまうことがあります。またインプラント周囲に歯垢が付着したままになると、歯肉がはれたり出血したりと歯周病のような状態になってしまいます。
そのため、インプラント治療終了後も、自分の歯と同じように、年に数回のチェックとメンテナンスが必要です。

AQBインプラントについて

AQBインプラントは、純チタンと再結晶化ハイドロキシアパタイトという材料から出来ています。チタンは金属の中でも生体親和性が高く、またアパタイトも同様に骨と直接結合する優れた生体親和性を持っています。
手術が1回で済み、その後噛めるまでに約1~2ヶ月(症例により異なります)と、健康的な歯に回復するまでの期間がとても早いため、治療における患者さんの心身的負担を軽減します。