小児の治療

歯医者さんはこわくない、楽しい! と思ってもらえるように

小さい頃に治療で痛みを経験してしまうと、お子さんは大きくなってからも、歯科医院に行きたがらなくなってしまいます。当院では痛みを少なくしたり、ちゃんと治療できる年齢になるまで虫歯の進行を抑えるなど、治療時に細心の注意を払っています。
また高橋歯科医院ではほとんどのスタッフが育児経験者です。お母さんやお父さん、お子さんそれぞれの気持ちを考えて、しっかりコミュニケーションを取りながら治療を進めています。安心してご来院ください。
高橋歯科医院は、お子さんに「歯医者さんはこわくない、楽しい!」と思ってもらえるような歯医者さんを目指しています。

何よりも大切なのは虫歯にならないこと。
0歳~15歳くらいまでは歯が育っていく期間ですので、年齢に合った歯磨きをすることがとても重要です。
高橋歯科医院では、お子さんの成長に合わせた歯磨きの方法をその都度お教えします。また食事の面からお子さんの歯を大切にする「食育」「フッ素」「シーラント(奥歯の溝をプラスチックで埋め虫歯を防ぐ方法)」といった施術など、お子様の歯の健康を様々な面からサポートしていきます。

お口の中の怪我

日常生活の中で、お子さんのお口が思わぬトラブルに見舞われることがあります。
ぶつけて抜けたり欠けてしまった歯は、乳歯・永久歯ともに、処置が早いほど元に戻せる可能性が高いので、すみやかに高橋歯科医院までお越しください。
またトラブルの際は受診前に電話でご連絡いただければ、口頭でもご対応いたしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

  • 口の中を切った時

    くちびるやお口の中が出血している場合は清潔なガーゼで傷口をしっかりと押さえておいてください。血が止まらないときや、傷口が大きい場合はばい菌が入らないよう消毒や縫う処置が必要な場合があります。速やかに歯科医に見せましょう。

  • 歯が抜けた・欠けた時

    抜けたり折れたりした歯は、生理食塩水・コンタクトの保存液・牛乳などに入れてご持参ください。抜けた歯は治療が早ければ早いほどかなりの確立で元に戻せます。
    また欠けてしまっても、きちんと治療を受ければ元の歯と変わらないくらいに修復することができます。

  • 歯がぐらぐらする時

    自然に治る場合もありますが、痛みがある場合は、放っておくと痛みが増したり、噛んだ弾みで抜けてしまうこともあります。
    必ず歯科で診察してみてもらいましょう。

開窓・小帯切除

  • 開窓術

    歯肉に埋まってなかなか出てこない歯は、「開窓(かいそう)」という方法があります。
    被っている歯肉を除去して露出させてから、歯科矯正で正しい位置に持ってくることが可能です。

  • 小帯切除術

    上唇と前歯をつないでいる筋を「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」、舌の裏側の筋を「舌小帯(ぜっしょうたい)」といいます。上唇小帯が長いと歯並びが悪くなったりし、舌小帯はつき方によって授乳や発音がうまくいかない原因になったりします。症状がひどい場合、気になる場合は小帯の切除をおすすめします。(小帯を切除しても、お口の機能に影響を及ぼすことはありません)

歯髄細胞バンクについて

抜けた「歯」を捨ててしまう前に…

「再生医療」という言葉をご存知ですか?
人が本来もっている自分自身を修復再生する力を利用して、ケガや病気で冒された組織や臓器を自分自身の細胞を使って再生治療する最先端医療の事です。
小さなケガが自然と治ってしまうように、私たちの体にはもともと自分自身を修復再生する能力が備わっています。その力の元が「幹細胞」と呼ばれる細胞です。歯科医院で抜いた歯の神経の中には、将来再生医療に役立つ良質な幹細胞が含まれています。再生医療分野では、すでに臍帯血や骨髄液の幹細胞が知られていますが、歯髄細胞は乳歯や永久歯(親不知)から採取できるため、採取機会が多いことや、体への負担が殆どないことなど、数多くのメリットがあります。
この歯髄細胞は、万能細胞と言われるiPS細胞も作ることができるため、いまや再生医療を支えるための欠くことのできない細胞供給源となりつつあります。
平成20年に鶴見大学(横浜市)で産学連携により、再生医療発展のために歯髄細胞バンクという取り組みがはじまりました。

  1. ①抜歯後直ちに専用容器に入れる
  2. ②歯科の中の歯髄細胞を取り出す
  3. ③一定量まで培養
  4. ④細胞の状態を検査した後-196℃で保管。
  5. ⑤IDデータ管理も万全です。

歯の細胞は再生医療に最適です。
歯髄細胞は良質なiPS細胞を作ることができるので 将来的には全身への利用が期待されています。お子様の将来への保険としてのご利用が増えてきているようです。
乳歯や親知らずなどの抜歯した歯の歯髄細胞を冷凍保管するサービスを鶴見大学歯学部口腔病理学講座と連携したACTE(再生医療推進機構)が行っております。当院は歯髄細胞バンクの提携歯科医療施設として、抜歯した歯をお預かりしACTEへ無事お届けする役割を担っております。ご興味がありましたら、パンフレットもご用意しておりますので、お気軽にお声掛けください。
歯髄バンクの詳細は【株式会社 再生医療推進機構】のホームページで確認できます。