虫歯の治療

虫歯は早期発見・早期治療が大切です

歯科医院での代表的な治療が虫歯治療です。
虫歯は気がつかない内に進行しています。虫歯になっていても、最初のうちは痛くないからそのうち治そうと思って放置している方は案外多いものです。虫歯は早期発見・早期治療が大切です。
虫歯は自然治癒はしません。気がついたら口中がひどい虫歯でボロボロになってしまっている方もいます。痛みを感じたり、冷たい物がしみたりするようでしたら、もうすでに虫歯はかなり進行しているといえます。そうなってしまう前に早く歯科医院に行きましょう。
たかはし歯科では、できるだけ痛みを抑える「無痛治療」を行っていますので、お早めにご相談ください。

虫歯の進行と治療

C0:初期の虫歯。表面のわずかな虫歯でまだ歯に穴が開いていない状態

虫歯菌がつくり出す酸によって歯の表面が溶け始めた状態です。歯の表面が白く濁って見えます。毎日正しい歯磨きを続けることで自然に治ります。
フッ素の塗布なども効果的です。

C1:エナメル質が溶け、まっ白や茶褐色に変色した状態

痛みを感じないため気づきにくいですが、虫歯の初期段階で治療が必要となります。虫歯部分を削り取って、歯と同じ色の樹脂(レジン)で覆います。
表面を削るだけなのでち治療中の痛みはありません。

C2:虫歯がぞうげ質まで達してしまっている状態

冷たいものを飲んでしみたり違和感を覚えはじめます。
虫歯をすべて取り除き、詰め物をします。詰め物はその場で詰める方法と、型を取って作った詰め物を後日入れる方法 の2つの方法があります。進行が速いので早急な治療が必要になります。

C3:虫歯が歯髄に達し、細菌が入り込んでしまっている状態

C2よりも激しい痛みがあります。
抗菌剤で虫歯と歯髄の殺菌し、薬剤ごと密閉します。歯髄が保存できない時は、歯髄を取り除いて管を殺菌し、細菌が入らないよう詰め物をします。

C4:歯の根しか残らない末期の状態

歯冠部が溶けて歯根のみが残った状態です。歯の神経(歯髄)は死んでしまい痛みはありません。ただし歯根先端部に膿が溜るなど、場合によっては歯を残すことが困難で抜歯することもあります。
ここまで進行してしまうと、ほとんどの場合抜歯が必要になります。抜歯後はインプラントやブリッジ・入れ歯治療などを行い、失った歯の機能を補います。

痛くない虫歯治療

「痛い」というのは、患者さんにとっても歯科医にとっても嫌なことです。
高橋歯科医院では、歯科治療における最新の先端技術であるレーザー治療器を導入し、疾患部及び周囲の痛みをやわらげながら、安全かつ早期の治療に努めています。

電動注射器は麻酔液の注入スピードを人に合わせて自動的に調整し、痛みの原因となる余計な圧力を緩和します。注射器は人肌に温め、注射液と人体との温度差による痛みを軽減します。
笑気麻酔は治療のための麻酔ではなく、治療への不安を取り除き、心を落ち着かせるための麻酔です。副作用の心配もなく、治療への恐怖がある方はもちろん、高血圧の方や、嘔吐反射のある方にも効果的です。
治療に関するご不安やご要望など、何でもお気軽にご相談ください。